K-INDIE CHART

【Vol.191】 K-INDIEチャートTOP30 (2021/01/26-2021/02/10)|2回連続でLucia『Lunar Phase』がトップ、Yun Ddan Ddan、HIGA等の新譜に注目

2021-04-09

  1. HOME >
  2. K-INDIE CHART >

【Vol.191】 K-INDIEチャートTOP30 (2021/01/26-2021/02/10)|2回連続でLucia『Lunar Phase』がトップ、Yun Ddan Ddan、HIGA等の新譜に注目

2021-04-09

韓国インディアーティストに特化した音楽チャート「K-INDIE チャート」の2021年1月26日〜2月10日分をご紹介。

                                          

NEWCOMER OF THE WEEK

Hope still be happy|Yun Ddan Ddan

・リリース日:2021/01/22
・カテゴリ:フォーク

Epiphany|HIGA

・リリース日:2021/01/25
・カテゴリ:ロック

Jay Knife|Dajung

・リリース日:2021/02/04
・カテゴリ:フォーク

                 

TREND MUSIC

APARTMENT|Car, the garden

・リリース日:2017/12/12
・カテゴリ:ロック

                   

SUMMARY

前回のチャート Vol.190に引き続き、シンガーソングライター Luciaの『Lunar Phase』が首位ランクイン。今回は同アルバムのLP版が1位に上がっている。Luciaに関する情報は前回記事で詳しく紹介しているため、ぜひチェックしてほしい。

9位は、Yun Ddan Ddan(ユン・タンタン)の『Hope still be happy』。Yun Ddan Ddanは、特有の柔和な暖かい声を持つ “人生を歌う” シンガーソングライターである。2014年にシングル「Walking in The Winter」でデビューした後、「The Night I Miss You」、「Me Trying, You No Telling」など数多くのヒット曲をリリースして韓国インディーズ界を代表する歌手として知られている。心も身体もしっかり丈夫でいたいという思いから、韓国語の「딴딴하다(読み:タンタナダ)」を持ってきて「ユンタンタン」と名付けたらしい。そんな彼の音楽を聴くと「近所のお兄さん」と話しているような包容力を感じる。

16位は今年1月25日にリリースされたHIGAの1stアルバム『Epiphany』。HIGAは、アン・ジョンフ(안정후)、チェ・グァンイル(최광일)、イ・チェヒ(이최희)の3人で構成されたバンドだ。デビュー作品となった本アルバムは、人、自然、人工物が発するノイズを再配置してまとめたようなアルバムで、これは音楽なのか?と、聴くと哲学的な気分になる。どれから聴いて良いか迷ったら、 “多くの窓から離れ、無人地帯に逃げよう” と誘うタイトル曲「Island」から聴いてみてほしい。

28位は2月4日にリリースされた出来立てホヤホヤのDajungの新譜『Jay Knife』がランクイン。Dajungは、わずか10代のシンガーというから驚きである。2017年から2018年にかけて、ソーシャルメディアに投稿した曲の中から10曲を集めたアルバムだという。ほとんどのトラックが、ノートパソコンとUSBマイク、無料の音楽アプリを利用して制作されているそうだ。アルバムを一緒に製作したElectric Museはこのアルバムを「日記帳の代わりにPCに記録した、10代の話を詰め込んだDIYインディポップアルバム」と紹介している。タイトル曲「Do What You Want」「Drama」など、英語で歌われている曲がトラックリストにはいっぱいだ。

その他、2017年リリースのCar, the gardenの『APARTMENT』を始め、SURLや赤頬思春期など、実力派アーティストの作品がリエントリーを果たしている。ぜひこの機会に聞き直してみてはいかがだろうか。

©︎Bside / Cover design by NOVVAVE RECORD

      

K-INDIEチャートとは

韓国最大手のインディ・ディストリビューター<Mirrorball Music>が提供している、インディアーティストに特化した音楽チャート。Yes24、Interpark、MIHWADANG、HYANG MUSICなど、韓国大手オンライン販売サイトやレコードショップでのアルバム販売数を基準に算出している。韓国の実力派アーティストを紹介するレーベル<Bside>が<Mirrorball Music>と公式ライセンスを結び、BUZZYROOTSとコラボで最新のチャートを随時公開していく。

✔︎ チャートに関するお問い合わせはこちらまで

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Akari

1994年生まれの自称、韓国インディーズPR大使。韓国のミュージシャンや業界人を中心にインタビュー記事を執筆。「韓国の音楽をジャンルレスに紹介する」をモットーに、韓国インディーズ音楽特化型メディア「BUZZYROOTS」の運営やDJイベントへの出演、アーティストのアテンドなど、多岐に渡り活動中。好きなバンドはSURL。

おすすめ記事

-K-INDIE CHART
-, , ,

Translate »

© 2022 BUZZY ROOTS