K-INDIE CHART

【Vol.223】K-INDIEチャートTOP30 (2022/05/26-2022/06/10)|BTS・JUNG KOOKピックアップ Deptのアルバムがランクイン エレクトロニックやR&B曲が順位上昇

  1. HOME >
  2. K-INDIE CHART >

【Vol.223】K-INDIEチャートTOP30 (2022/05/26-2022/06/10)|BTS・JUNG KOOKピックアップ Deptのアルバムがランクイン エレクトロニックやR&B曲が順位上昇

韓国インディアーティストに特化した音楽チャート「K-INDIE チャート」の2022年5月26日〜6月10日分をご紹介。

                                          

NEWCOMER OF THE WEEK

To the other side of greed|Choi Yuree

・リリース日:2022/05/27
・カテゴリ:フォーク

Love Affair|Dept

・リリース日:2022/05/30
・カテゴリ:R&B

Lucky Charms!|Moon Sujin

・リリース日:2022/06/07
・カテゴリ:R&B

you my blue|Bae Young Gyoung

・リリース日:2022/06/03
・カテゴリ:フォーク

Only Lovers Left Alive|Lee Sung Soo

・リリース日:2022/06/03
・カテゴリ:ロック

                

SUMMARY

今週も引き続き、JANNABIのEPシリーズ第二弾『Jannabi’s small pieces ll 』が首位にランクインしている。集計期間の5月末には多くの有名大学の文化祭でライブを披露した。韓国の大学の文化祭といえば、その年の注目のアーティストが名を連ねることで知られているが、PSYやaespaと並んで選ばれたことは若い世代からの人気の高さを証明するトピックだ。

今回も10位圏内に初登場が続々とエントリーしている。今回は、Deptをピックアップ。

Deptは2016年にデビューし、現在はプロデューサーとシンガーソングライターの両面で活動中。公式のインタビューなどが無く、まだまだ謎に包まれているアーティストではあるが、今年の春頃、Deptの楽曲「Winter Blossam」に合わせダンスを披露したBTSのジョングクのインスタグラムの投稿をきっかけに、彼のファンをはじめ、国内外へ認知度を広げている。国内外のアーティストやシンガーとのコラボレーション曲を多数発表しており、ワールドワイドな活躍ぶりは韓国インディーズシーンで異彩を放っている。アルバム『Love Affair』は、初恋を主題に、改めてその時の感覚に立ち戻るといったコンセプトで制作された。収録曲から一押しは「Pieces of Me(Feat. Ashley Alisha)」。オーディション番組『スターオーディション 偉大な誕生』で高い評価を獲得、その後ITZYの「ICY」や OH MY GIRL「BUNGEE」の制作に参加した女性シンガー・ソングライターのAshley Alishaが客演参加しており、彼女の透き通るハイトーンボイスとアップテンポに恋のときめきを想起させられる一曲だ。

気持ちが開放的になる季節の訪れにつられ、心弾むエレクトロニックやR&Bにも注目が集まっていることが窺える結果となった。

©︎Bside / Cover design by NOVVAVE RECORD

      

K-INDIEチャートとは

韓国最大手のインディ・ディストリビューター<Mirrorball Music>が提供している、インディアーティストに特化した音楽チャート。Yes24、Interpark、MIHWADANG、HYANG MUSICなど、韓国大手オンライン販売サイトやレコードショップでのアルバム販売数を基準に算出している。韓国の実力派アーティストを紹介するレーベル<Bside>が<Mirrorball Music>と公式ライセンスを結び、BUZZYROOTSとコラボで最新のチャートを随時公開していく。

✔︎ チャートに関するお問い合わせはこちらまで

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Izumi

韓国ミュージックライター。他業界とパラレルワークで活動中。ドラマ、音楽をはじめ韓国エンタメ愛好歴は10年以上になるが、ライターとしてはまだ4年目。 韓国留学を機にインディシーンの虜に。 自由な表現でアイデンティティを発信している新進気鋭のアーティストを広めるべく、業界人やアーティスト等にインタビューし記事を掲載するほか、プロモーション記事企画や映像企画を実現。 近年ではアジアのミュージシャンに活動の範囲を広げ、多岐にわたり活動している。

おすすめ記事

-K-INDIE CHART
-, ,

Translate »

© 2022 BUZZY ROOTS