NEWS

CADEJO、韓国最新アルバム『FREEBODY』4/21(水)日本にて発売

  1. HOME >
  2. NEWS >

CADEJO、韓国最新アルバム『FREEBODY』4/21(水)日本にて発売

韓国で昨年11月にデジタルリリース、12月にCDが発売されたCADEJO(カデホ)の最新作『FREEBODY』が4月21日(水)に日本で発売されることが明らかになった。

CADEJOは、Jazz、Funk、Reggae、Hardcoreをバックグラウンドに活躍してきた経験を持つメンバーが集まった3ピースバンド。2018年に正式に結成して以降、多くのセッションやライブ出演、ゲストアーティストとのコラボレーションを通じてインスピレーションを探し続けてきた。CADEJOのパフォーマンスは限界に縛られることなく、常に観客にサプライズを提供し続けることで、韓国インディーズシーンでベストセッションバンドとしての確固たる地位を築いている。

デビューアルバム『FREESUMMER』から1年半、新たに台湾のレーベル〈ROCK RECORDS〉と契約し、前作に引き続き"自由"をテーマに制作された2ndアルバム『FREEBODY』をリリース。数多くの大型音楽フェスへの出演等を経てパワーアップしたCADEJOのチームワークと創造力を集結したバンドの集大成とも言える全19曲を収録した最新作となっている。

アメリカのスケートボード・アパレルブランド・Vans主催のコンテスト《Vans Musicians Wanted 2019》で優勝に輝いた。また、英国の世界的革製品ブランドMulberryが主催するバーチャルライブイベント"‘My Local’ Series 2020"にも出演している。

2019年にはGolden Indie Music Awardsでバンド初となる台湾でのパフォーマンスを行い、2020年には同アワードでBest Asian Creative Artistとしてノミネートされた。

CADEJOのメンバーは世界的なパンデミックの影響により会場への出席は出来なかったが、最新アルバムを通じて世界中のファンと交流すること、いち早くファンに直接会える日が来ることを願ってやまない。

          

Release Information

CADEJO『FREEBODY』

Release Date:2021.04.21 (Wed.)
Label:ROCK RECORDS
Price:¥3,800(Tax in)
Track List:

CD1
1 Willow Dance
2 Love Your Harmony
3 Moon Sand
4 Hammock
5 Blue Deer
6 Trampoline
7 Pokhara (feat. Yun Seokcheol)
8 A Place in Sun
9 Dapsipni

CD2
10 Bad Soda
11 Escape
12 Dusk
13 Don't Pretend
14 Fuchsia Swing
15 Leslie Cheung (feat. Yun Seokcheol)
16 Gwin
17 Alfie
18 No Service
19 Picture Diary

アルバム紹介

「みんな誰かと話したり一緒に過ごすことで、互いに様々な影響を与え合いながら生きている。でも、その影響によって時には必要以上の傷やストレスを受けてしまうこともある。僕たちの音楽を聴いている間だけは、そんな影響し合う関係から少しでも自由であって欲しい。例えば自分探しの一人旅のように。」- CADEJO 

韓国のインディーズバンド、CADEJOはこれまでに多くのメディアからの賞賛や韓国国内のみならず海外のファンからも注目を集めている。世界中でパンデミックの状況が続く中でも、CADEJOは変わらず自身のユニークな音楽を保つために弛まぬ努力を続けてきた。

10曲以上を収録したアルバムも珍しくなった昨今、CADEJOのメンバーはその常識に捉われないスタイルを維持し、CD2枚組のアルバムをリリース。収録曲は数多くの楽曲リストから、アルバムのテーマに合うベストな楽曲のみが選び抜かれた作品となっている。

コロナウイルスによる世界的パンデミックによってほぼ全てのライブイベントは中止となり、アーティスト達は楽曲の制作やアレンジに注力するようになった。CADEJOはそんな環境下でもファンと交流するため、彼らの最新アルバムのティーザーをSNSで共有してきた。今回のアルバムでも彼らのトレードマークである、常に挑戦・常に即興というCADEJOのスタイルを保ち続けている。特に前作“FREESUMMER”でCADEJOの魅力に取り憑かれたファンにとっては“FREEBODY”の新しいサウンドも楽しめるはずだ。

前作“FREESUMMER”に続き“FREEBODY”では同じテーマを積み上げつつ、新たな要素を取り入れ続けている。初めて“FREEBODY”を聴くと、FUNKとR&Bが融合したアルバムに聴こえるが、改めて注意深く聴いてみるとJAZZ、ROCK、Hiphopなど、曲を聴き慣れていく度に次々と新しい要素を発見できる。前作“FREESUMMER”を夏に向けたのアルバムとするならば、“FREEBODY”は季節ごとに異なった雰囲気を1年中楽しめるアルバムと言えるだろう。

世界的なパンデミックによって誰もが大きな打撃を受け、多くの人が困難な状況に陥っている。そんな中でも、CADEJOはこのアルバム“FREEBODY”によってリスナーが少しの間だけでも心配事から解放され、心の平和や幸せを取り戻せることを願うメッセージも込められている。

Artist Profile

CADEJO (カデホ)

From left: Kim Jaeho (Bass/Vocal), Lee Taehun (Guitar/Vocal), Kim Dabin (Drummer)

2018年結成、CADEJOの音楽は常に自由でありながらJazz・Funk・Reggae・Hiphop・R&Bといったジャンルと評される。メンバー全員が韓国の音楽シーンでキャリアを積んでおり、それぞれの個性がバンドの音楽に取り入れられている。2019年以降は数多くの音楽フェスや番組に参加し注目を集める。また、韓国のラッパーSamuel SeoやNucksalをはじめジャンルを超えたコラボレーションにも取り組み、彼らのライブは会場を踊らせるパフォーマンスとして定評がある。

■アーティスト情報:Twitter / Instagram / YouTube

情報提供:DIW Products

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

おすすめ記事

-NEWS
-

Translate »

© 2021 BUZZY ROOTS