ARTISTS

実力派おしゃれバンド・LambC|おすすめの韓国アーティスト紹介

  1. HOME >
  2. ARTISTS >

実力派おしゃれバンド・LambC|おすすめの韓国アーティスト紹介

こんにちは!BUZZY ROOTSのAkari(@akari_otogenic)です。

今回は、メロウでジャジーな韓国のインディーズバンド「LambC」をご紹介したいと思います。

早速ですが、一曲聞いてみましょう。

今風のJazz感漂うお洒落な曲「Love Like That」。シンプルな音の重なりにアクセントの聴いたピアノがたまらなく心地よい。

あまりに洗練されていたので何か出てくるだろうと思い、早速ネットで検索して見ましたが、日本語での記事でこれといったものは見つからず・・・

韓国でのWeb記事から色々情報を集めてみました。

LambCってどんなミュージシャン?

 アメリカのマサチューセッツ州バークリー音楽大学卒業と高学歴なLambC。2016年から韓国で生活し始め、音楽プロデューサー兼ミュージシャンとして活動開始しています。

 バンド名(レムシ)の由来:「Lamb」と「C」二つの言葉を組み合わせて今のバンド名になっているんだとか。もともと英語名は「Lamb」のみだったが、韓国で「Lambさん」という意味の「レムシ」と呼ばれるようになってそのままバンド名になった。また「C」のもう一つの意味は、「Chops」のCから来ている。外国では、音楽をしながら実力のある、あるいはテクニカルなミュージシャンを見て「He has chops」と表現するため。

LambCのおすすめ曲

他にもご紹介したい曲がたくさんあります。

まずは、2019年1月にリリースされた「Childish」。ジャズがベースとなった、優しくてとってもLambCらしい1曲。作詞、作曲、編曲にとどまらず、本人が直接レコーディング、ミックス、マスタリングまで行ったんだとか。Youtubeのコメント欄には、海外からの応援の声が多く寄せられているのがわかります。

好きな女性にひたすら想いを語るかのようなラブソング「Lady」。クリーンなギターサウンドが切なさや繊細な恋心を語りかけてくるかのような1曲となっています。

Spotifyでも視聴可能になっているので、ぜひ心を落ち着けたい時に聴いてみてください。

以上、韓国のおすすめバンド紹介でした。

<ソース>

http://www.gukjenews.com/news/articleView.html?idxno=1053287

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Akari

韓国インディーズミュージック専門ディガー。マレーシアという異国の地で留学中に出会った韓国人の影響で韓国カルチャーにどハマり。以降、韓国外交部招へい訪問、韓国留学、日韓交流事業サポートなど、多数のプロジェクトを経て韓国への理解を深め、現在に至る。 WEBマーケティング業界で働きつつ、プレイリスト専門WEBマガジン「DIGLE MAGAZINE」での執筆やフリーライターとして活動中のパラレルワーカー。年に最低2回は渡韓し、現地のアンダーグラウンドな音楽文化やフェスレポートを自身のブログで紹介中!

-ARTISTS
-,

Translate »

Copyright© BUZZY ROOTS , 2020 All Rights Reserved.