COLUMN

Incheon Pentaport Rock Festival|韓国音楽フェス紹介 Vol.1

  1. HOME >
  2. COLUMN >

Incheon Pentaport Rock Festival|韓国音楽フェス紹介 Vol.1

このコーナーでは、韓国で開催される魅力的な音楽フェスをご紹介。第一弾は、毎年韓国・インチョン広域市で開催される Incheon Pentaport Rock Festival をピックアップ。

ABOUT

Incheon Pentaport Rock Festival(インチョン・ペンタポート・ロックフェスティバル)は、2006年にスタートした夏を代表する韓国最大の野外ロックフェスティバル。韓国ロックに興味を持ったなら、まずはこのフェスティバルに行くことをおすすめしたい。

主催はインチョン広域市。名称のペンタポートは「5」を意味する「ペンタ(penta)」と「ポート(port)」の合成語で、1990年代後半からインチョン広域市が推進した都市戦略、空港(Airport)・港湾(Seaport)・情報通信基地(Teleport)の3つの要素を備えたトライポート(Tri-port)に、ビジネス(Business-port)とレジャー(Leisure-port)分野を追加し、5つを組み合わせた新都市戦略から来ている。同時に、音楽・情熱・環境配慮・DIY・友情をコンセプトとして掲げている。

ラインナップは、韓国、アメリカ、イギリス、日本をはじめとした国内外のアーティスト、約60組。

歴史を遡ると、本野外フェスは1999年に「トライポートロックフェスティバル」という名前で始まった。Dream Theater、Deep Purple、Rage Against The Machine、Prodigyなど、大物海外アーティストを迎えたラインナップだったが、大雨となり、安全上の理由でキャンセルに。 その後2006年から「ペンタポートロックフェスティバル」として再開され、2022年で17回目の開催となる。

2022年は3つのステージでライブが行われる。「KB PAY STAGE」ではNELL、Crying Nut、JAURIM、SE SO NEON、Silica Gelなど、韓国ロックを代表する大物バンドがライブを披露。「CASS STAGE」では、TRPP、Hathaw9y、Say Sue Meなど、これからの韓国ロック界を担う新鋭の実力派アーティストたちが並んでいる。「INCHEON AIRPORT STAGE」は地図を見る限り入り口付近の小規模なステージだが、BOBBY PINS、CRAM、縫製人間など、個性的な新鋭インディアーティストによる魅力的なステージとなりそうだ。

BUZZY ROOTSでは、今回出演するアーティストの楽曲を集めたプレイリストを作成しています!ぜひ、お気に入りのアーティストを見つけてみてください。

Information

開催スケジュール
7月下旬 or 8月初旬 の3日間
※2022年は8/5〜8/7

開催地
仁川 松島月光祝祭公園(인천 송도달빛축제 공원)

アクセス
松島月光祝祭公園駅(Songdo Moonlight Festival Park)駅から徒歩10分

過去の出演アーティスト(2022年含む)
Vampire Weekend(アメリカ), TAHITI 80(フランス), deafheaven(アメリカ), JAULIM, JANNABI, Crying Nut, Sunwoojunga, IDEOTAPE, ADOY, 等

料金(2022年度)
1DAY:80,000ウォン(金)、120,000ウォン(土日)
2DAY:150,000ウォン
3DAY:200,000ウォン

スケジュール
開催告知:5月
ブラインド,アーリーバードチケット発売:5月
1st ラインナップ公開:5月
2nd ラインナップ公開:6月
3rd ラインナップ公開:6月
レギュラーチケット発売:6月
キャンピングチケット発売:7月
Final ラインナップ公開:7月
タイムテーブル公開:7月

ウェブサイト
https://pentaport.co.kr/
Naver Blog
Instagram
※最新の情報は公式ウェブサイトから確認お願いします。

   

Twitterでは、最新の音楽イベント情報を呟いています。ぜひフォローよろしくお願いします!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Akari

1994年生まれの自称、韓国インディーズPR大使。韓国のミュージシャンや業界人を中心にインタビュー記事を執筆。「韓国の音楽をジャンルレスに紹介する」をモットーに、韓国インディーズ音楽特化型メディア「BUZZYROOTS」の運営やDJイベントへの出演、アーティストのアテンドなど、多岐に渡り活動中。好きなバンドはSURL。

おすすめ記事

-COLUMN
-

Translate »

© 2022 BUZZY ROOTS