K-INDIE CHART

【Vol.218】K-INDIEチャートTOP30 (2022/03/11-2022/03/25)|DEANやイ・ハイ等参加で話題のアルバム『RAD』が首位 FROMMとKim Sawolがニューエントリー

  1. HOME >
  2. K-INDIE CHART >

【Vol.218】K-INDIEチャートTOP30 (2022/03/11-2022/03/25)|DEANやイ・ハイ等参加で話題のアルバム『RAD』が首位 FROMMとKim Sawolがニューエントリー

韓国インディアーティストに特化した音楽チャート「K-INDIE チャート」の2022年3月11日〜3月25日分をご紹介。

                                          

NEWCOMER OF THE WEEK

RAD|Rad Museum

・リリース日:2022/03/17
・カテゴリ:R&B

1202|Kim Sawol

・リリース日:2022/03/03
・カテゴリ:ロック

Arrival|FROMM

・リリース日:2022/03/25
・カテゴリ:ロック

TIME|THE SOLUTIONS

・リリース日:2022/03/17
・カテゴリ:ロック

Take care|IMSEMO

・リリース日:2022/03/17
・カテゴリ:フォーク

Debut|Kyung Jehwan

・リリース日:2022/03/24
・カテゴリ:R&B

Bye Bye My Sweet Honey|NASTYONA

・リリース日:2022/03/17
・カテゴリ:ロック

I Feel Nine Feelings|NASTYONA

・リリース日:2022/03/17
・カテゴリ:ロック

Lily, Lily|Kwon YeoReum

・リリース日:2022/03/14
・カテゴリ:R&B

In the End of Winter|Swan

・リリース日:2022/03/17
・カテゴリ:R&B

             

SUMMARY

前回の首位は10位と大きく順位を下げ、3月の新譜たちが続々と上位にエントリーする結果に。首位は、DEANと親交が深く、アーティスト・クルー<You.will.knovv>の立ち上げメンバーでもあるRad Museumの最新作『RAD』。Rad Museumについては過去の記事をぜひ参考にしてほしい。多様な顔を持つ彼ならではの交流の広さが窺える参加アーティストの豪華さがまず目に飛び込んでくるが、アコースティックやアンビエント、R&B、ヒップホップとジャンルや時代感を自在に遊ぶ彼のセンスはもちろんのこと、2xxxやDEANなどお馴染みのクルー・メンバーがアレンジャーで参加しており聴きごたえのある完成度の高いアルバムになっている。

8位にはTHE SOLUTIONSが登場。2019年より始まったシリーズアルバム企画“SIGNATURE”の3作目となる今作は、トロピカルハウスサウンドのタイトル曲「Dance With Me」が収録された前作『LOAD』とは雰囲気がガラッと異なるアコースティックサウンドのアルバムとなっている。ボーカルのパク・ソルが全曲作詞曲を手がけ、彼らの楽曲では珍しく韓国語詞で書かれたほか、MeloManceのピアニストであるチョン・ドンファンが参加したことで話題となっている。またこのアルバムを引っ提げ単独公演が開催。デビュー10周年というアニバーサリーイヤーの公演で、意味深いものとなった。

その他、透明カラーLP盤のFrommの1集と2集や、昨年末の単独公演のライブ音源を収録したKim SawolのCD『1202』は発売と同時に注文が殺到し、『1202』は発売日に即完売になるなど非常に注目を集めている。

©︎Bside / Cover design by NOVVAVE RECORD

      

K-INDIEチャートとは

韓国最大手のインディ・ディストリビューター<Mirrorball Music>が提供している、インディアーティストに特化した音楽チャート。Yes24、Interpark、MIHWADANG、HYANG MUSICなど、韓国大手オンライン販売サイトやレコードショップでのアルバム販売数を基準に算出している。韓国の実力派アーティストを紹介するレーベル<Bside>が<Mirrorball Music>と公式ライセンスを結び、BUZZYROOTSとコラボで最新のチャートを随時公開していく。

✔︎ チャートに関するお問い合わせはこちらまで

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Izumi

韓国ミュージックライター。他業界とパラレルワークで活動中。ドラマ、音楽をはじめ韓国エンタメ愛好歴は10年以上になるが、ライターとしてはまだ4年目。 韓国留学を機にインディシーンの虜に。 自由な表現でアイデンティティを発信している新進気鋭のアーティストを広めるべく、業界人やアーティスト等にインタビューし記事を掲載するほか、プロモーション記事企画や映像企画を実現。 近年ではアジアのミュージシャンに活動の範囲を広げ、多岐にわたり活動している。

おすすめ記事

-K-INDIE CHART
-, , , , ,

Translate »

© 2022 BUZZY ROOTS