K-INDIE CHART

【Vol.212】 K-indieチャートTOP30 (2021/12/11-12/25)|モダンロックバンド・9 and the Numbersの新作『Totally Blue』、憂鬱を歌う 年末恒例Jebidabangコンピがランクイン

2022-01-28

  1. HOME >
  2. K-INDIE CHART >

【Vol.212】 K-indieチャートTOP30 (2021/12/11-12/25)|モダンロックバンド・9 and the Numbersの新作『Totally Blue』、憂鬱を歌う 年末恒例Jebidabangコンピがランクイン

2022-01-28

韓国インディアーティストに特化した音楽チャート「K-INDIE チャート」の2021年12月11日〜12月25日分をご紹介。

                                          

NEWCOMER OF THE WEEK

Totally Blue|9 and the Numbers

・リリース日:2021/12/24
・カテゴリ:ロック

on the edge of ( )|HELLO GA-YOUNG

・リリース日:2021/12/14
・カテゴリ:バラード

Jebidabang Compilation 2021/2022|Various Artists

・リリース日:2021/12/14
・カテゴリ:ロック

Painting|Kwon Tree

・リリース日:2021/12/24
・カテゴリ:フォーク

naps!|1415

・リリース日:2021/12/15
・カテゴリ:ロック

Flower Shower |N/1

・リリース日:2021/12/16
・カテゴリ:ロック

               

TREND MUSIC

New Century Masterpiece Cinema|Nerd Connection

・リリース日:2021/10/27
・カテゴリ:ロック

                   

SUMMARY

2021年に多くの売り上げを記録したアルバムが並ぶ中、上位にニューエントリーが5作と意外にも変動があった12月上半期のチャート。

引き続き、シンガーソングライターのLEE SEUNG YOONが独走中。『Even If Things Fall Apart』は発売と同時に初動6万枚の売り上げを記録している。また先日、ソウルオリンピック公演での初の単独コンサート開催が発表され、今作を引っ提げての公演となるそうだ。

3位の9 and the Numbersは、2009年デビューの4人組モダンロックバンド。このバンドでは、ボーカルの9(本名ソン・ジェギョン)を筆頭に、0(ギター/本名ユ・ジョンモク)、3(ドラム/別名BOY.D)、4(ベース/別名coolbursut)と数字の芸名がメンバーにつけられているのが特徴だ。インディ/メジャー問わず音楽的に優れたアルバムが評価される《韓国大衆音楽賞》にて、総合部門・ジャンル別総じて、アワードの歴史上最多のノミネート数を誇る。そんな彼らの新作『Totally Blue』は、コロナウイルスの流行や社会の混乱にインスピレーションを得て、“憂鬱を歌った曲で、人々のブルーな心を励まし希望を与えたい”という思いを込め制作された。同名タイトル曲「Totally Blue」は透き通る9の歌声に心癒される。個人的におすすめしたい。

It's totally blue
I'm completely blue
とても完璧な青さ
雨が降りそうな
重い雲

ーー9 and the Numbers「Totally Blue」より歌詞抜粋

注目のアルバムは、毎年末にリリースされるコンピレーションアルバム『Jebidabang Compilation 2021/2022』(詳しくはVol.188参照)。今回はYe RamやKim Ildu、Jungwoo、Park So Eunなど、過去のチャートに登場したインディーズシーン注目のシンガーソングライターも参加している。次来るアーティストを知りたい耳早リスナーは必聴を。

©︎Bside / Cover design by NOVVAVE RECORD

      

K-INDIEチャートとは

韓国最大手のインディ・ディストリビューター<Mirrorball Music>が提供している、インディアーティストに特化した音楽チャート。Yes24、Interpark、MIHWADANG、HYANG MUSICなど、韓国大手オンライン販売サイトやレコードショップでのアルバム販売数を基準に算出している。韓国の実力派アーティストを紹介するレーベル<Bside>が<Mirrorball Music>と公式ライセンスを結び、BUZZYROOTSとコラボで最新のチャートを随時公開していく。

✔︎ チャートに関するお問い合わせはこちらまで

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Izumi

韓国ミュージックライター。他業界とパラレルワークで活動中。ドラマ、音楽をはじめ韓国エンタメ愛好歴は10年以上になるが、ライターとしてはまだ4年目。 韓国留学を機にインディシーンの虜に。 自由な表現でアイデンティティを発信している新進気鋭のアーティストを広めるべく、業界人やアーティスト等にインタビューし記事を掲載するほか、プロモーション記事企画や映像企画を実現。 近年ではアジアのミュージシャンに活動の範囲を広げ、多岐にわたり活動している。

おすすめ記事

-K-INDIE CHART
-, ,

Translate »

© 2022 BUZZY ROOTS