K-INDIE CHART

【Vol.205】 K-indieチャートTOP30 (2021/8/26-9/10)|NELL、イ・ランの新譜など、計10作品がニューエントリー

  1. HOME >
  2. K-INDIE CHART >

【Vol.205】 K-indieチャートTOP30 (2021/8/26-9/10)|NELL、イ・ランの新譜など、計10作品がニューエントリー

韓国インディアーティストに特化した音楽チャート「K-INDIE チャート」の2021年8月26日〜2021年9月10日分をご紹介。

                                          

NEWCOMER OF THE WEEK

Moments in between|NELL

・リリース日:2021/09/02
・カテゴリ:ロック

There is A Wolf|Lang Lee

・リリース日:2021/08/23
・カテゴリ:ロック

her|ADOY

・リリース日:2021/08/15
・カテゴリ:ロック

           

Woo Scribbling Night|hathaw9y

・リリース日:2021/08/07
・カテゴリ:ロック

           

Unforeseen|eundohee

・リリース日:2021/09/07
・カテゴリ:ロック

           

A Roadless Road|Solga

・リリース日:2021/09/02
・カテゴリ:フォーク

           

The Borderline between Hope and Despair|Wings of the ISANG

・リリース日:2021/07/07
・カテゴリ:エレクトロ

           

             

TREND MUSIC

Soyo (逍遙)|Siwa

・リリース日:2010/03/03
・カテゴリ:フォーク

                   

SUMMARY

今週は、なんと計10作品がK-Indie Chartに新規ランクインを果たした。

1位は、韓国を代表するモダンロックバンド NELLの『Moments in between』。2年ぶりの正規アルバムをリリースとなった。NELLの幻想的なサウンドとまっすぐに伸びるボーカルを心待ちにしていたファンも多く、ティーザー映像公開時から熱い反応を得ていたようだ。

2位には、イ・ランの正規3集『There is A Wolf』がランクイン。「早朝の貧しい女性が飢えて死んだ子供の死体を抱えて/貧しい人々の近所を泣いて通り過ぎる」というナレーションと合唱団による壮大なコーラスで始まる本作品は、個人を飛び越え「他人」の時間・感情にフォーカスしたものだという。叙情的なイ・ラン ワールドにぜひ浸ってほしい。

 3位は、シンセポップバンドADOYの『her』。「コマーシャルインディ」という独自路線で、大衆性と音楽的な完成度の高さを兼ね備えた楽曲で着実にマニア層を広げてきた、日本でもファンの多いバンド。今回も、個性と大衆性のバランスを失うことなく、シンセサイザーを中心に洗練されたサウンドを奏でる。ADOYと言えば印象的なアルバムジャケットだが、これまでの作家・Aokizyに代わり、ニューヨークタイムズで活動するスペインのイラストレーター、Agnes Ricartの作品を起用している。

その他、爽快なサウンドが魅力的な新鋭バンドhathaw9y(日本語読み:ハサウェイ)の『Woo Scribbling Night』、ポストロックを代表するバンド Wings of the ISANG(韓国語表記:이상의날개)の『The Borderline between Hope and Despair』、女性シンガーソングライター Solga、eundoheeの新譜にも耳を傾けてみてほしい。

©︎Bside / Cover design by NOVVAVE RECORD

      

K-INDIEチャートとは

韓国最大手のインディ・ディストリビューター<Mirrorball Music>が提供している、インディアーティストに特化した音楽チャート。Yes24、Interpark、MIHWADANG、HYANG MUSICなど、韓国大手オンライン販売サイトやレコードショップでのアルバム販売数を基準に算出している。韓国の実力派アーティストを紹介するレーベル<Bside>が<Mirrorball Music>と公式ライセンスを結び、BUZZYROOTSとコラボで最新のチャートを随時公開していく。

✔︎ チャートに関するお問い合わせはこちらまで

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Akari

1994年生まれの自称、韓国インディーズPR大使。韓国のミュージシャンや業界人を中心にインタビュー記事を執筆。「韓国の音楽をジャンルレスに紹介する」をモットーに、韓国インディーズ音楽特化型メディア「BUZZYROOTS」の運営やDJイベントへの出演、アーティストのアテンドなど、多岐に渡り活動中。好きなバンドはSURL。

おすすめ記事

-K-INDIE CHART
-, , , , , , ,

Translate »

© 2022 BUZZY ROOTS