K-INDIE CHART

【Vol.201】K-INDIEチャートTOP30 (2021/6/26-7/10)|韓国のレトロブームを率いるRainbow noteの新譜が1位ランクイン

  1. HOME >
  2. K-INDIE CHART >

【Vol.201】K-INDIEチャートTOP30 (2021/6/26-7/10)|韓国のレトロブームを率いるRainbow noteの新譜が1位ランクイン

韓国インディアーティストに特化した音楽チャート「K-INDIE チャート」の2021年6月26日〜2021年7月10日分をご紹介。

                                          

NEWCOMER OF THE WEEK

Animation|Rainbow note  

・リリース日:2021/06/24
・カテゴリ:エレクトロ

​​VOID.|jeebanoff

・リリース日:2021/07/06
・カテゴリ:R&B

Orbital|LUAMEL

・リリース日:2021/06/28
・カテゴリ:ロック

             

LAYER|WILLY

・リリース日:2021/06/16
・カテゴリ:ロック

             

Drowned|Chun Yongsung

・リリース日:2021/06/24
・カテゴリ:フォーク

  

Hometown|Jade

・リリース日:2021/06/27
・カテゴリ:R&B

  

               

TREND MUSIC

Tailor|The BLANK Shop 

・リリース日:2020/09/17
・カテゴリ:ポップス

                   

SUMMARY

K-Indie Chart 日本版もいよいよ7月に突入。1位を飾ったのは、韓国のレトロブームを牽引するシティポップデュオのRainbow noteによるEP『Animation』。タイトル曲「水面」は、愛する人を恋しがる歌詞と、アニソンのように明るく愉快な曲調が魅力の楽曲である。これまでの作品と比べて、バンドサウンドが色濃い作品に仕上がっている。夏にぴったりの清涼感あふれる音楽をぜひ。 

3位は、jeebanoffが正規2集『VOID』。2019年10月に発売した「GOOD THING」以来、約1年9ヶ月ぶりのリリースである。今回のアルバムは、彼が昨年5月に入隊する前に作業したアルバムだそうだ。1980年代のポストディスコと現代のR&Bを見事に融合し、まるでサイバーパンクな世界観。 jeebanoffの長年の音楽仲間であるLennon、GiiANAが一緒にチームを組んだSWIMGOODは、今回のアルバムでも重要な役割を担っており、最初から最後まで統一のあるサウンドを届けてくれた。

4位のLUAMEL『Orbital』は、都市の生活の中で複雑に絡み合った人間関係に対する率直な悩みが語られているアルバムだ。これまでのLUAMELサウンドから一歩前進し、多様なサウンドとテーマをオルタナティブロックとして表現している。

6位には、バンドWILLYの『LAYER』。「人生は経験の積み重ね。」そんなメッセージをシンセサイザーの夢幻的な音楽と共に届けてくれる。
その他にも、今週は新譜が目白押し。 R&B、ソウルを中心に多様なジャンルを楽しむことができるEP [Damdi]、[Agfa]を各サイドに入れて、レコード発売したHYNGSNが9位。初の正規アルバムで第17回韓国大衆音楽賞最優秀フォークソング、アルバム2冠を受賞したシンガーソングライターChun Yongsung の正規2集『Drowned』が12位、Jade初の正規アルバム『Hometown』が26位に見事ランクインを果たした。

©︎Bside / Cover design by NOVVAVE RECORD

      

K-INDIEチャートとは

韓国最大手のインディ・ディストリビューター<Mirrorball Music>が提供している、インディアーティストに特化した音楽チャート。Yes24、Interpark、MIHWADANG、HYANG MUSICなど、韓国大手オンライン販売サイトやレコードショップでのアルバム販売数を基準に算出している。韓国の実力派アーティストを紹介するレーベル<Bside>が<Mirrorball Music>と公式ライセンスを結び、BUZZYROOTSとコラボで最新のチャートを随時公開していく。

✔︎ チャートに関するお問い合わせはこちらまで

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Akari

1994年生まれの自称、韓国インディーズPR大使。韓国のミュージシャンや業界人を中心にインタビュー記事を執筆。「韓国の音楽をジャンルレスに紹介する」をモットーに、韓国インディーズ音楽特化型メディア「BUZZYROOTS」の運営やDJイベントへの出演、アーティストのアテンドなど、多岐に渡り活動中。好きなバンドはSURL。

おすすめ記事

-K-INDIE CHART
-, , , , ,

Translate »

© 2021 BUZZY ROOTS