NEWS

「韓国のグラミー賞」2021年 Korean Music Awards 候補者が発表 BTS、Yerin Baek、Sunwoojunga、LEENALCHI等ノミネート

  1. HOME >
  2. NEWS >

「韓国のグラミー賞」2021年 Korean Music Awards 候補者が発表 BTS、Yerin Baek、Sunwoojunga、LEENALCHI等ノミネート

概要

「韓国のグラミー賞」と呼ばれる、"Korean Music Awards"の総合・ジャンル別の受賞者候補と功労賞の発表がオンラインにて発表された。

この授賞式は、韓国の行政機関の一つである文化体育観光部やテレビ局、音源サービス等の後援によって行われる。音楽評論家やライター、テレビ音楽番組のプロデューサーやラジオプロデューサーなどが審査員を務め、販売・売り上げ数ではなく音楽性を選定基準としメジャー・インディーズの境界を越えて優れた作品に送られる。

昨年同様にコロナ禍での発表となり、公式YouTubeチャンネルにて選定委員長のキム・チャンナム、選定委員のチョン・ジニョンとキム・ユナによって発表された。

「今年のアーティスト」候補者にBTS、Yerin Baek、Sunwoojunga、LEENALCHI、Jeongmillaが選ばれ、「今年のアルバム」「今年の歌」では左記候補者陣の他に、Zico「Any song」やJo Dongik『blue pillow』が挙がった。

なお「今年の新人」候補者は、meaningful stone、DUOXINI、DeVita、Seo Bo Kyung、Squash Vinesが選ばれた。

総合とジャンル別で重複してノミネートしたアーティストが多かった点が今年注目すべきポイントである。

委員たちは今年のアーティスト候補者について、「この危機を機会とし、良い作品が多く発表された一年だった」とした上で「全般的な評価から、ライブや社会的な影響を含めて昨年素晴らしい結果を収めた」と評価した。質疑応答では、トロット(韓国の演歌)番組が人気を集め、ブームの中でトロット歌手が選出されなかったこと、SoundCloudやbandcampでリリースを行うアーティストの選定についての質問が寄せられた。

また、今年の授賞式は2月28日(日)18時より、ソウルのハンガン大橋に位置するノドゥル島のライブハウスより公式YouTubeチャンネルのオンライン生放送にて発表されることが明らかになった。

今年の活躍が期待される韓国音楽業界注目のアーティスト発表の瞬間をお見逃しなく。

今回は総合部門の候補者、候補作品と功労賞を紹介する。

総合部門候補者・作品

今年のミュージシャン

BTS

Yerin Baek

Sunwoojunga

LEENALCHI

Jeongmilla

         

今年のアルバム

BTS -『MAP OF THE SOUL:7』

Yerin Baek -『Every letter I sent you.』

Sunwoojunga -『Serenade』

LEENALCHI -『SUGUNGGA』

Jeongmilla -『CheongPa Sonata』

Jo Dongik -『blue pillow』

          

今年の歌

BTS - 「Dynamite」

Yerin Baek - 「Square(2017)」

Sunwoojunga - 「Run With Me」

LEENALCHI - 「Tiger is Coming」

ZICO - 「Any song」

          

今年の新人

meaningful stone

DUOXINI

DeVita

Seo Bo Kyung

Squash Vines

功労賞受賞者

Deul Guk Hwa


近日、各ジャンルの候補者のまとめと解説記事を公開する。BUZZYROOTSでは今年も"Korean Music Awards"を盛り上げるべくサイト等で紹介していくので楽しみにしてほしい。

参考元:Korean Music Awards 公式サイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

BUZZYROOTS 編集部

Korean Indie Music and Culture Web Magazine|韓国の音楽シーンをジャンルレスに発信するWEBメディアです。各所に散らばった韓国の音楽情報をぎゅっとまとめてご紹介します。

おすすめ記事

-NEWS
-, , , , , , ,

Translate »

© 2021 BUZZY ROOTS