K-INDIE CHART

【Vol.177】K-INDIEチャートTOP30 (2020/6/26-7/10)|Park Hye Jin、cotobaがランクイン Sunwoojungaがトップ10に急上昇

  1. HOME >
  2. K-INDIE CHART >

【Vol.177】K-INDIEチャートTOP30 (2020/6/26-7/10)|Park Hye Jin、cotobaがランクイン Sunwoojungaがトップ10に急上昇

韓国インディアーティストに特化した音楽チャート「K-INDIE チャート」の2020年6月26日〜7月10日分をご紹介。

  

 NEWCOMER OF THE WEEK

How can I [LP]|Park Hye Jin

Park Hye Jin - Like this (Official Video)

・リリース日:2020/06/26
・カテゴリ:エレクトロニック
・アーティスト情報:Instagram / Facebook / Spotify / SoundCloud / YouTube  

 

Name of The Seasons|cotoba

reyn - cotoba (코토바)

・リリース日:2020/06/30
・カテゴリ:ロック
・アーティスト情報:Instagram / Facebook / TwitterSpotify

   

TREND MUSIC

Serenade [LP]|Sunwoojunga

Serenade - 선우정아 (SWJA)

・リリース日:2020/01/29
・カテゴリ:R&B
・アーティスト情報:Instagram / FacebookSpotify / YouTube 

  

SUMMARY

LEE NAL CHI(イ・ナルチ)『Suggunga』は初登場から着実に順位をあげ、今回も1位をキープしている。

注目のチャート初登場はPark Hye Jin(パク・へジン)cotobaだ。

Park Hye Jinは、テクノとハウスのDJ / ラッパー / シンガーソングライター。オーストラリアのエレクトロミュージックレーベル〈clipp.art〉より『If U Want It』でデビューし、以降Boilar RoomやDazed、Pitchforkなど複数の海外メディアで紹介されている。

1年ぶりのリリースとなった『How can I [LP]』は、昨年のヨーロッパと北米、オーストラリアのツアー中に制作された。テクノやローファイハウス、フットワーク、トライバルなど、多様なスタイルを組み合わせた彼女独特の音楽感性が感じられる一作となっている。

cotobaは、近頃人気を集めるマス・ロックバンド。その人気は国内に留まらず海外リスナーにも及び、今年イギリスにて開催予定だった“グラストンベリー・フェスティバル”に招待されている。

tricotやtoe、American FootballやPink Floydなど海外の様々なロックに影響を受けながら自身の音楽性を磨き続けているcotoba。ライブやSNSを見ていると英語や日本語が堪能で、海外への志向を感じられる。昨年5月から今年3月までは関西でツアーを行っていた。

新作『Name of The Seasons』には「reyn」と「summer Daytime」の日本語バージョンが収録されているのでぜひ聴いてほしい。歌の部分が少なく演奏がメインとなっているのが印象的な一曲だ。複雑なリズムが交差していく、その中で聞こえてくるシンプルな歌詞に想像力を掻き立てられるだろう。

リエントリーが多く見られるが、中でもAutumn Vacation『Autumn Vacation』を紹介したい。23位のJulia HartやBobbyvilleのメンバーとしても活躍しているBobby Chungと、Broccoli,yoo tooのメンバーであるGyepyからなるアコースティック・デュオ。

BLACK PINKのJISOOとROSÉがゲストで出演したクイズ番組で、このアルバムに収録されている「真っ黄色と真っ赤の間(原題:샛노랑과 새빨강 사이)」の歌詞について出題される場面があり、放送時間帯はリアルタイム検索ランキングに浮上した。国内でも日本の大手レコードのオンラインショップを中心にアルバムを購入することが出来るので、チェックしてほしい。

また、人気オーディション番組への出演のほか、Apinkのメンバーであるチョン・ウンジのソロアルバムへのプロデュース参加等、注目を集めるSungwoojunga(ソンウ・ジョンア)『Serenade[LP]』は前回からトップ10に返り咲いた。

トップ10は変動なく順位をキープしている一方、10位以降はリエントリーなどの影響もあり、大きな変動が目立つ結果となった。

©︎Bside / Cover design by NOVVAVE RECORD

 

K-INDIEチャートとは

韓国最大手のインディ・ディストリビューター<Mirrorball Music>が提供している、インディアーティストに特化した音楽チャート。Yes24、Interpark、MIHWADANG、HYANG MUSICなど、韓国大手オンライン販売サイトやレコードショップでのアルバム販売数を基準に算出している。韓国の実力派アーティストを紹介するレーベル<Bside>が<Mirrorball Music>と公式ライセンスを結び、BUZZYROOTSとコラボで最新のチャートを随時公開していく。

✔︎ チャートに関するお問い合わせはこちらまで

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Izumi

韓国インディーズミュージックライター。他業界とパラレルワークで活動中。 ドラマ、音楽をはじめ韓国カルチャーに触れて10年になるが、ライターとしての活動はまだ3年目。 Kpopヲタクから、韓国留学を機にインディシーンの虜に。 Spotify、SoundCloud、Instagram等で日々ディグりつつ、来日公演には欠かさず足を運んでいる。 メインストリームにはない、自由な表現でアイデンティティを発信している新進気鋭のアーティストを広めるべく、業界人やアーティスト等にインタビューし記事を掲載するほか、プロモーション記事企画や映像企画を実現。多岐にわたり活動している。

おすすめ記事

-K-INDIE CHART
-, , ,

Translate »

Copyright© BUZZY ROOTS , 2020 All Rights Reserved.