NEWS

【Coachella 2020】コーチェラ出演決定の韓国アーティストをチェックしよう!

  1. HOME >
  2. NEWS >

【Coachella 2020】コーチェラ出演決定の韓国アーティストをチェックしよう!

みなさんこんにちは。BUZZY ROOTSです!

先日、世界最大級の音楽フェス<コーチェラ・フェスティバル>のラインナップが発表されました。

引用元:https://www.coachella.com/

コーチェラとは?

正式名称は「Coachella Valley Music and Arts Festival」。アメリカに留まらず、世界中から毎年注目される最大級のフェスです。トレンドを掴みたいならコーチェラのラインラップチェックは必須と言えます!

場所はアメリカ・カリフォルニアのEmpire Polo Club。毎年4月中旬に、2週に渡って開催されています(2020年は4/10〜4/12、4/17〜4/19)。

1997年にスタートし、もともとはインディロックを中心としたラインナップが魅了のイベントでしたが、直近では、大物を提げた豪華なラインナップで注目を集めています。

今回は、韓国アーティストにフォーカスして、2020年の出演アーティストから、過去の出演アーティストまでご紹介します!

2020年 韓国系出演アーティスト

現在、2020年に出演が決定しているのは下記4アーティストです。

BIGBANG

BIGBANG - 뱅뱅뱅 (BANG BANG BANG) 

2006年に韓国でデビューして以来、日本をはじめ世界に名を轟かせてきた韓国の男性グループ・BIGBANG。知らない人はいないでしょう!大手YGエンターテインメント所属。約2年間の兵役のため活動休止状態にあったが、メンバー除隊後初の公演情報発表ということで、ファンからの期待が高まっている。

EPIK HIGH

PIK HIGH (에픽하이) - 빈차 (HOME IS FAR AWAY) ft. 오혁 of HYUKOH

2001年に結成された韓国の男性ヒップホップユニット。メンバーは、MITHRA(ミスラ)、TABLO(タブロ)、DJ TUKUTZ(ディージェー トゥーカッツ)の3名。BIGBANGと同じくYGエンターテインメント所属で、叙情的な歌詞がリスナーの共感を集める表現力豊かなアーティストである。

Peggy Gou

eggy Gou @ Palais des Beaux-Arts de Lille for Cercle

韓国出身の女性音楽DJ兼プロデューサー。韓国で生まれ育った後、ロンドンを経由し現在はベルリンを拠点として活動している。2018年にはフジロックに参加し、2020年1月は渋谷のコンタクトでイベント出演予定だ。キックの効いた4つ打ちサウンドに独特の韓国語を織り交ぜたオリエンタルなメロディが魅力的。

Yaeji

Yaeji - Raingurl

韓国人の両親の元に生まれ、ニューヨークで生まれ育ったDJ兼プロデューサー、シンガー。中毒性のあるエレクトロなサウンドと、無表情なのに感覚を刺激してくる韓国語が魅力の注目アーティスト。Peggy Gouと比較しても歌の要素が強く、音数は少なめでスローな雰囲気が漂う。また、Charli XCXとのコラボでも度々話題となっており、「Focus」のリミックスを手掛けたり、「February 2017」ではClairoと共にフィーチャリングで参加している。

過去コーチェラ出演した
韓国系アーティスト

過去、コーチェラに出演した実績のあるアーティストも気になったので、整理してみました!韓国アーティストとしては2016年のEPIK HIGHが初出演のようです。

2019年

・BLACKPINK
・HYUKOH
・Jambinai

2018年

・Yaeji
・Peggy Gou

2016年

・EPIK HIGH


以上、コーチェラ出演アーティストについてのご紹介でした!

もっと詳しく

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Akari

1994年生まれの自称、韓国インディーズPR大使。韓国のミュージシャンや業界人を中心にインタビュー記事を執筆。「韓国の音楽をジャンルレスに紹介する」をモットーに、韓国インディーズ音楽特化型メディア「BUZZYROOTS」の運営やDJイベントへの出演、アーティストのアテンドなど、多岐に渡り活動中。好きなバンドはSURL。

おすすめ記事

-NEWS
-, , , ,

Translate »

Copyright© BUZZY ROOTS , 2020 All Rights Reserved.